スピードラーニング英語 | 安く購入 | 初回セット | 無料試聴CD | 体験談DVD | 試聴後 | 学習開始 | 評判口コミ | ホーム

子供用 スピードラーニング英語は≪無料試聴≫から

スピードラーニング英語』は4秒程度の英語の会話の後に、同じ意味の日本語が流れます。初心者のあなたにこそ試し聞きして体験してほしいです。
いつでも受講停止・再開ができる!
子供用カテゴリの記事

小学校 英語 必修化

『新小学校学習指導要領』に基づき平成23年度から全国の公立小学校、高学年(5年生と6年生)において年間35時間の外国語活動の授業が必修となっています。

「小学校外国語活動」は、5年生は「英語ノート1」、6年生は「英語ノート2」という副読本が基本的に使われます。

外国語に慣れ親しみ、楽しく、国際理解を深めたり、英語のコミュニケーション能力を培っていけるようなカリキュラムとなっているようです。

子どもに少しでも早くから英語に慣れさせたいと思う保護者にとって
幼児の英会話スクール、小学生対象の子供英語・英会話教室、遊びながら学べる幼児向け英語学習教材などどれが良いだろうかと比較したり、評判や口コミなども気になるところではないでしょうか?

ところでテレビCMでもおなじみのスピードラーニング英語に、子どもが興味を持って聞けるおもしろい内容になっている子ども用がある事をご存知ですか?

プロゴルファーの石川遼選手も
スピードラーニング英語の子供用「スピードラーニング・ジュニア」から始めたそうです。

自然なスピードの会話を聞き流すだけ、勉強感覚がなく、楽しみながら英語に親しめ、自然な会話表現が学べます。

時間に縛られずに、あいた時間に自由に聞き流すだけで良いのが魅力です。
電話でネイティブと楽しく話せるフリートークも毎月2回まで無料でできます。

無料の試聴用CDをお試ししてから購入を決められるので、どんなものなのか興味のある方は、まずは無料試聴されてみてはいかがでしょう?

株式会社 エスプリライン

子供用 ⇒ 『スピードラーニング・ジュニア』

大人用 ⇒ 『スピードラーニング英語』


■英語ノートについて 参考

英語ノート1 (5年生用)
Lesson1 世界の「こんにちは」を知ろう
Lesson2 ジェスチャーをしよう
Lesson3 数で遊ぼう
Lesson4 自己紹介をしよう
Lesson5 いろいろな国の衣装を知ろう
Lesson6 外来語を知ろう
Lesson7 クイズ大会をしよう
Lesson8 時間割を作ろう
Lesson9 ランチ・メニューを作ろう

英語ノート2 (6年生用)
Lesson1 アルファベットで遊ぼう
Lesson2 いろいろな文字があることを知ろう
Lesson3 カレンダーを作ろう
Lesson4 できることを紹介しよう
Lesson5 道案内をしよう
Lesson6 行ってみたい国を紹介しよう
Lesson7 自分の一日を紹介しよう
Lesson8 オリジナルの劇をつくろう
Lesson9 将来の夢を紹介しよう
Let's Enjoy3


文部科学省ホームページ 英語ノート教材のページヘのリンク
http://www.ota.ed.jp/boe/eigokatudo/eigokatudoshiryo090305/note/



posted by T | 子供用| TOPへ

スピードラーニング英語・第1巻日常英会話
旅行の英会話・スピードラーニング第2巻を開封した感想
スピードラーニング英語第3巻オフィスでの英会話
スピードラーニング英語第4巻「文化の違い」って

最近の記事
カテゴリ
スピードラーニング

スピードラーニング英語CDを聞いています。
名前:英語が好きなT
英語を話したいと思ったきっかけ:海外旅行に行った時、バスの運転手さんの言葉が理解できず、飛行機に乗り遅れそうになったこと。
サイトURL:http://speed-e.seesaa.net/
メール:kokoro28tokoyahoo.co.jp
(kokoro28tokoとyahoo.co.jpの間に@を入れてください。あまりメールチェックしないので見逃す場合があります事をあらかじめご了承下さい)
ひとこと:
エスプリラインのスピードラーニング英語のテレビCMを見て、石川遼さんも使っているというので興味を持ち調べていくうち、スピードラーニングには、空港での会話やホテルの予約や、レストランでのやりとりなど、さまざま場面で実際に使える英会話内容が収録されていることを知り、無料試聴に申込みました。聞いてみると楽しく聴けて、なかなか内容も良かったので購入申込みをしました。
スピードラーニングが英会話の上達に効果があるのか体験をもとに感想などを綴っていきたいと思います。

当ブログ上の情報は、内容が古くなっていたり、その後変更になっていたりするものもあるかもしれません。当ブログの情報を利用して発生した直接的、間接的損害に対し一切の責任を負えませんので、お手数ですが、リンク先の公式ホームページで、その内容を、あらためて、ご確認いただけますようお願いいたします。